院長挨拶

院長挨拶

健和会病院 院長 牛山雅夫 健和会病院 院長
牛山 雅夫

健和会病院は、1973年に「患者の立場に立った自分たちの病院=民医連の病院」を創りたいと願う多くの皆様から、尊い出資をいただき設立された病院です。
私たちは地域の皆様と共に「人間として尊重される安全・安心・信頼の医療と福祉を実現する」ことを目指しています。

一つ、急性期~回復期リハビリテーション~在宅まで切れ目ない医療の提供
健和会病院には一般病棟のほかに、回復期リハビリテーション病棟・療養病棟があり、急性期医療が終了した後も、十分なリハビリテーションを提供します。
退院後は往診専門診療所をはじめ、訪問看護・訪問介護・デイサービス・デイケア・訪問リハビリテーション・居宅支援事業所と連携し、重症な方でも安心して在宅療養ができるよう援助しています。
二つ、乳幼児からシニア世代まで幅広い医療を提供
子ども・働き盛り・シニア世代、それぞれの世代の健康問題に対応できる各科医師が専門性を発揮して診療を行っています。
三つ、電子カルテによる情報の共有とカルテ開示
電子カルテにより、法人内の健和会病院・かやの木診療所・健和会飯田中央診療所が互いの診療情報を24時間共有できるようになっています。
また、電子カルテを開示し、患者さまの自由な意思で、カルテが閲覧できるよう支援しています。
四つ、室料差額は一切徴収していません
私たちは開設以来、室料差額(差額ベット料金)を一切いただいていません。
室料差額をいただくことは、医療に差別を持ち込むことになると考えるからです。
現在の医療の仕組みでは、室料差額を徴収しないと経営が成り立たない仕組みになっています。
私たちは、経営努力を重ね、一度も徴収していないことに誇りを持っています。
五つ、健康づくり活動・社会保障の充実に向けた活動・平和への取り組み
健診活動はもちろん、当院医師による毎月開催される「公開医療講演」や地域に出向いての医療講演、「伊那谷健康友の会」による主体的な健康づくり活動への全職員支援など、健康づくり活動を積極的に推し進めています。

命と健康を守るため、社会保障制度改善への取り組みや、平和を守る活動にも旺盛に取り組んでいます。