患者様の権利

健和会病院患者の権利章典<患者さまの権利と責任>

「医療は患者様と医療従事者が共同してつくりあげていくもの」という考えのもとに、私たちはここに『患者さまの権利』を定め、これを守り発展させます。

患者様には、「病気を治す主体者」として以下の権利があります。

1、必要な医療を受ける権利(受療権)
必要で十分な医療を公平に受ける権利があります。
医療制度の充実を国と自治体に求める権利があります。
2、尊厳が守られる権利
いかなる場合も、人間としての尊厳が守られる権利があります。
3、知る権利と自分の意志で決める権利(自己決定権)
病名、病状、診療行為の刻的と計画、検査や治療・手術の内容と危険性及び結果、薬の作用や副作用、必要な費用、他の治療方法などについて、わかりやすい言葉で納得できるまで説明と情報を受ける権利があります。
カルテを閲覧する権利があります。
十分な説明と情報提供を受けた上で、自分の自由な意志で診療計画の内容を決定する権利があります。
4、選ぶ権利
医療機関をご自身で選び、また変更する権利があります。
必要に応じて、別の医師の意見を聞く権利があります。
5、個人情報が保護される権利
診療過程で得られた個人情報は保護される権利があります。
6、医療へ参加する権利と共同の責任
患者様及びご家族は、医療従事者と力を合わせて医療に参加する権利と協力する責任があります。
医療内容や病院の運営に意見・苦情を述べる権利があります。
また、そのことで不利益を受けることはありません。
2003年10月15日作成
2010年1月28日改定