透析内科

透析内科

透析内科の役割

慢性腎不全、糖尿病腎症などの腎臓障害の成人の方に対して血液透析をしています。
透析患者は年々増加の傾向をたどっており、今後も医療機関として対応が必要になってきます。
当院では80床の透析ベッドを活用し、祭日や夜間透析の要望にも答えながら、質の高い透析医療を提供します。
また、透析になる以前の慢性腎臓病外来(CKD)も地域における専門外来として定着してきています。
地域の保健師さんなどと連携し、腎臓障害の早期発見・治療と予防にも取り組んでいます。
飯伊地区7つの透析施設と連携し、中心的役割を担っています。

透析内科の治療内容

  • 血液透析・・・週4回透析、隔日透析にも対応しています。 
  • 在宅透析・・・腹膜透析(CAPD、APD) 血液透析(HHD)
  • 透析シャントトラブル・血管拡張術(PTA)
  • 慢性腎臓病(CKD)外来
  • 療法選択説明

医師紹介

【当院は「透析教育関連施設」「透析療法従事職員研修施設」です】

熊谷 悦子 役職 透析センター長
  専門分野 日本透析医学会指導医
日本透析医学会専門医
  経歴 1977年 新潟大学卒業

自主機能評価指導

自主機能評価指導はこちらをご覧ください。