循環器内科

循環器内科

循環器内科の役割

「狭心症」や「心筋梗塞」といった虚血性心疾患を中心に、循環器疾患の精査・治療を行っています。これらの疾患は死因のベスト3にはいる疾患であり、突然死の原因となることも多い疾患です。当院では、こういった緊急治療の対応(救急医療)から、その基礎疾患となりえる糖尿病・高血圧・動脈硬化・高脂血症などの慢性疾患管理も含めて幅広い対応を行っています。

循環器内科の治療内容

【虚血性心疾患:心臓カテーテルによる診断~治療まで】
この治療は、現在の飯伊地区では、飯田市立病院と健和会病院のみでしかできない技術であり、地域の救急医療を支える一端を担っています。
  • 不整脈:ペースメーカーによる管理
  • 閉塞性動脈硬化症等の血管治療
  • 糖尿病や高血圧、心臓疾患、高脂血症などの慢性疾患管理

医師紹介

【当院は「循環器専門医教育施設」です】

牧内 雅信 役職 診療部長
  専門分野 日本循環器学会所属
日本内科認定専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
  経歴 2001年 広島大学卒業
熊谷 悦子 役職 医長
  専門分野 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科認定専門医
日本内科学会教育関連病院指導医
日本循環器認定専門医
  経歴 1977年 新潟大学卒業
清水 信明(非常勤) 専門分野 日本循環器学会
日本糖尿病学会研修指導医
  経歴 1981年 信州大学卒業