形成外科

形成外科

形成外科の役割

皮膚疾患(皮膚腫瘍、ケロイドなど)、皮膚外科を中心とする形成外科全般を扱っています。
また、当院は高齢の寝たきりの入院患者様が多いため、褥創対策チームの一員として、褥創の予防・治療に力を入れています。
その他、透析センターの充実に伴い、シャント手術などの透析に関する外科、フット・ケア等にも取り組んでいます。

形成外科の治療内容

  • 皮膚腫瘍の摘出術
  • 悪性も含め皮弁形成術、植皮術など
  • 高齢者の褥瘡治療
  • 人工血管植込み(透析シャント)
  • 外来皮膚疾患の診断・治療

医師紹介

矢高 森人 役職 医長
  専門分野 日本形成外科学会認定医
  経歴 1990年 東邦大学卒業