リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科の役割

リハビリテーションは、身体機能の回復で「在宅生活」「社会復帰」などを目指します。
疾患や年齢によって個々のリハビリによるゴールを設定し、それに向けた努力を、患者さんとともに共同して行います。
当院では、2004年に回復期リハビリテーション病棟37床を開設し、「急性期後の脳卒中」や「廃用症候群」などの疾患に、多くのリハビリスタッフと共同した治療に取り組んでいます。
マンパワーは飯田下伊那地域で随一であり、高次脳機能障害のリハビリや、摂食・嚥下リハビリにも力をいれています。
当院の特徴的な医療活動分野のひとつです。

リハビリテーション科の治療内容

  • 理学療法(PT) からだの運動機能向上のためのリハビリテーション
  • 作業療法(OT) 身の回りの生活作業向上のためのリハビリテーション
  • 言語聴覚療法(ST) 失語症・講音障害の改善のためのリハビリテーション
  • 嚥下造影・嚥下訓練 ものの飲み込みの障害の診断と訓練
  • 回復期リハビリ病棟での集中リハビリテーション

医師紹介

【当院は「日本リハビリテーション医学会認定研修施設」です】

牛山 雅夫 役職 院長
  専門分野 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  経歴 1979年 新潟大学卒業
北原 正和 役職 リハビリ副センター長
  専門分野 脳卒中学会専門医
  経歴 1979年 東北大学卒業
山本 ひとみ 役職 医長
  専門分野 日本リハビリテーション学会
  経歴 1995年 信州大学卒業
福村 直毅 役職 リハビリセンター長・病棟医長
  専門分野 日本リハビリテーション学会
  経歴 1998年 山形大学卒業