小児科

小児科

小児科の役割

小児科 0歳児から15歳(中学生まで)の診療を行っています。
こどもは病気にかかりやすいものです。
自然に治っていく場合も多いのですが、慣れない親は不安になってしまうのが当然です。
薬を出すだけでなく、家で気をつけることなどの詳しい説明や、親御さんが心配されていることなどの相談にも応じています。
月に1回いろいろなテーマで「子育て講座」も行っています。

小児科の治療内容

  • 外来を中心とした小児疾患の診断・治療
  • 慢性疾患(喘息、アトピー、てんかん、食物アレルギー)
  • 肺炎、喘息、川崎病、胃腸炎、腸重責など
  • 入院ベット3床を持ち、二次救急までの対応が可能
  • 小児の言語障害などの治療もリハビリテーション科と協力して行っています。
  • 子育て講座の開催(月1回)

医師紹介

和田 浩 役職 副院長
  専門分野 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
院内研修委員長
長野県民医連研修委員長
 
  経歴 1983年 新潟大学卒業