神経内科

神経内科

神経内科の役割

脳血管障害、パーキンソン病などの神経変性疾患~認知症の方なども診療しています。
神経内科の医療分野は難病と呼ばれるまだ治療法が確立していない疾患も多く入り、筋萎縮性側策硬化症(ALS)や、脊髄小脳変性症、パーキンソン氏病などが代表疾患です。
また、最近ではアルツハイマーなどの認知症の方も増加しています。
当院の特徴としては、疾患の治療と同時に、充実しているリハビリ部門と連携し機能維持・生活の質の向上に留意して診療にあたっています。
また、高次脳機能障害支援拠点病院として、頭部外傷後や脳血管障害後の高次脳機能障害患者様の評価・リハビリ・社会復帰に積極的に取り組んでいます。

神経内科の治療内容

  • 物忘れ外来など認知症外来
  • 神経内科特診外来
  • 高次脳機能障害に関する特殊検査

医師紹介

【当院は「日本神経学会教育関連施設」です】

牛山 雅夫 役職 院長
  専門分野 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定専門医
日本内科認定専門医
日本内科学会教育関連病院指導医
  経歴 1979年 新潟大学卒業