病院からのお知らせ

南信初の128マルチスライスCТを7月末より健和会病院で導入稼動。

 
 
今回導入した128マルチスライスCT(シーメンス社:SOMATOM Definition AS+)の特徴は、心臓の検査すなわち冠動脈の撮影を体に負担が少なくできることになったのが特徴です。そのほかの画像についても、今まで当院にあった4マルチスライスCТに比べ短時間で高画質な画像が見られることになります。

食事の制限を受けがちな人工透析を受ける患者様のために、
製薬会社バイエルが主催した「楽しく作って、おいしく食べて、長生きが出来る」をテーマにしたコンテストに応募し、準グランプリを受賞しました。
地元伊那谷のりんごや、干し柿、寒天を取り入れた透析オリジナルレシピと、減塩の工夫の1品(無塩菜)で、高い評価をいただきました。


6月3日飯田風越高等高校にて、和田医師が「性」についての講演を行いました。


 患者様とご家族の方、近隣の施設の皆様に、トロきざみとソフト食の調理講習会と試食を行なっています。退院した後に当院と同じ様な食事を簡単に作れる方法と、商品についての説明などをさせていただいています。
大好評につき、月2回行っています。


今年の入職式は、健和会病院・はやしの杜・ゆいの里など、飯伊民医連全体で行われ、総勢34名の方が入職されました。


« 1 ... 19 20 21 (22) 23 24 »