病院指標

令和2年度 健和会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 15 15 23 83 142 242 518 872 535
全退院患者数は2455人です。60歳以上の患者さんの割合は88%、そのうち80歳以上は65%を占めています。当地域の高齢化を反映していると思います。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 79 2.34 2.66 0 69.34
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 75 21.79 13 5.33 85.84
050130xx9900xx 心不全 63 18.89 17.23 0 85.38
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 45 34.87 20.51 8.89 86.44
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 36 29.31 11.04 16.67 72.92
内視鏡的大腸ポリープ切除術目的の1泊2日入院が1位となっていますが、外来日帰り手術にも対応しているためその数は減少しています。当院では嚥下評価および摂食機能訓練を積極的におこなっているため、誤嚥性肺炎の平均在院日数は長くなる傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 3 3.33 6.46 0 2
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎(その他) 2 3.5 7.43 0 13.5
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 1 7 5.86 0 2
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 1 2 2.44 0 2
100380xxxxxxxx 体液量減少症 1 3 10.51 0 6
小児病床は2床であり、定期通院している喘息患者の急性増悪に対応しています。重症の場合は近隣の公立病院へ紹介しています。全国的にコロナウイルス感染症流行による受診控えがありましたが、当院でもその影響により患者数が減少しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 37 5.65 4.86 0 68.59
060241xx97xxxx 痔核 36 4.5 5.64 0 54.56
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 13 17.08 6.41 7.69 68.38
060150xx99xx0x 虫垂炎 12 6.42 7.17 0 33.42
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 10 22.3 13.41 10 75.9
当院では内痔核のALTA療法をおこなっており、飯田下伊那地域でこの治療をおこなえるのは当院のみであり、他医療機関からの紹介も多く受け入れています。15歳以上の鼠径ヘルニアは腹腔鏡下手術もおこなっています。通常5日以内で退院可能となりますが、腹腔鏡下手術は全身麻酔でおこなうため、在院日数はやや伸びる傾向にあります。虫垂炎は手術をせず、保存的治療で退院となった症例です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 12 2.08 8.15 0 63.33
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 2 2 3.07 0 74
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 1 4 5.39 0 68
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 1 8 7.71 0 90
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 1 1 4.06 0 7
当院では80床の透析ベッドを有しており、透析患者さんの内シャント造設やシャントトラブルは形成外科で対応しています。加齢により症状が現れることが多い眼瞼下垂の手術が2位です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 5 27.6 19.18 20 87
010069xx99000x 脳卒中の続発症 4 10.25 9.7 0 80.25
010010xx9900xx 脳腫瘍 3 36.33 11.5 33.33 63
010060×0990401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 3 21 15.77 0 82.33
010230xx99x00x てんかん 3 16.33 7.48 0 85.67
脳梗塞発症3日以内で比較的軽症、中等症の患者さんを多く受け入れています。重症の患者さんは近隣の脳神経外科専門病院などへ紹介もしています。急性期の治療が終了すると、機能回復および在宅復帰をめざす目的で回復期リハビリ病棟への転棟もおこなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 0 0 2 2 8 1 8
大腸癌 3 1 7 10 8 4 1 7,8
乳癌 2 2 0 0 2 0 1 8
肺癌 0 0 0 1 1 2 1 6,8
肝癌 0 1 1 1 0 1 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
Stage(ステージ)は癌の進行度合いを表す指標で値が大きくなるほど進行度が高いということです。胃癌のStageⅠが最も多いです。当院では消化器内科を中心に胃、大腸内視鏡検査を積極的におこなっており、またESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の導入によりさらなる癌の早期発見につながっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0 0 0
中等症 31 17.58 83.42
重症 21 23.9 85
超重症 7 18 86.57
不明 0 0 0
市中肺炎とは施設や病院以外で日常生活をしていた人が発症した肺炎のことです。重症度は年齢、脱水症状の有無、酸素飽和度、意識障害、最高血圧の5項目をスコア化し、その合計で算出します。昨年に比べ症例数は減少していますが、重症例が多くなっています。受診控えのためか重症化する傾向にあったものと思われます。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 53 40.13 83.49 3.66
その他 29 91.21 82.45 2.44
脳梗塞を国際疾病分類コードに基づき区別した患者数です。脳梗塞発症3日以内の患者さんが多いことがわかります。入院早期からリハビリ介入し、在宅復帰をめざして回復期リハビリ病棟へ転棟などもおこなっています。在宅療養にスムーズに移行するため、看護師、相談員による退院支援の働きかけもおこなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 78 0.09 1.13 0 69.64
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 20 5.05 8.1 0 76.85
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 19 1.47 4.63 0 78
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 18 28.11 13.94 16.67 83.22
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 120.36 77.27 0 78.82
内科の手術は消化器内科の内視鏡を用いた手術が主となっています。早期胃癌の内視鏡的切除も積極的におこなっています。他医療機関からの紹介を受けて胃瘻造設術もおこなっています。2019年秋より循環器内科の医師が1名増え、循環器治療も積極的におこなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 35 1 3.66 0 68.11
K7435 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴うもの)) 24 0 3.96 0 58.71
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 2.09 13 4.35 67.7
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)(硬化療法(四段階注射法によるもの)) 11 0 2.36 0 50.36
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 7 10 20 0 83.14
内痔核のALTA療法をおこなっており、他医療機関からの紹介も多く、外科の手術では2位となっています。腹腔鏡下の手術が増えています。特に鼠径ヘルニア手術は約70%以上が腹腔鏡によるものです。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 8 0 1 0 63.75
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) 3 0.33 1 0 74.33
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 3 0 1 0 63.33
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 2 0 3.5 0 56.5
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 2 0 1 0 74
当院では80床の透析ベッドを有しており、透析患者さんの内シャント造設を形成外科でおこなっています。四肢や体にできたはれものやできものの摘出術もおこなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.12
異なる 2 0.12
180010 敗血症 同一 3 0.18
異なる 3 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.18
異なる 3 0.18
傷病名に示された疾患については、臨床上ゼロにはなりえないものでありますが、医療の質の改善に資するため公表します。