https://use.fontawesome.com/releases/v5.0.6/js/all.js

形成外科

形成外科の役割

形成外科は、皮膚・皮下のできもの(腫瘍)、ケロイド等のキズ痕、熱傷といった皮膚の外科的治療が主体となりますが、診療対象は広く、顔面の骨折、眼瞼、爪、わきが等も扱っています。
また、外傷の処置、寝たきり患者様の褥瘡(床ずれ)や糖尿病等による足趾の潰瘍・壊疽のような慢性創傷の治療・予防にも力を入れています。
当院は透析センターを有しているため、シャント作成等の透析に関わる手術も行っています。

形成外科の治療内容

  • 皮膚・皮下腫瘍の摘出(良性、悪性、血管腫、ガングリオンなど)
  • 皮膚移植(植皮術、皮弁形成術)
  • 外表先天奇形(副耳、耳瘻孔、正中頚嚢胞など)
  • 創傷の治療(外傷、熱傷、褥瘡、皮膚潰瘍、壊疽など)
  • キズ痕の治療(醜形、ケロイド、引きつれ)
  • 人工透析のための血管手術(シャント作成、人工血管移植)
  • フットケア(足の爪の変形、タコ・ウオノメ、フットウェアの作成など)
  • その他(眼瞼下垂、わきが、皮膚生検など)

受付時間・担当医

医師紹介

氏名 役職 経歴 専門分野
矢髙 森人 医長 1990年 東邦大学卒業 日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医