消化器内科

消化器内科の役割

食道~胃~十二指腸の上部消化管、小腸~大腸の下部消化管、膵・胆・肝などの臓器の疾患に対して幅広く対応しています。
医学の進歩により、癌も早期発見すれば治癒する時代になってきましたが、現在も癌は死因の上位にあります。
症状が出てからの医療機関受診ではなく、定期健診や予防が大切とされています。
当院は消化器疾患の診療・治療を中心に発展してきたという歴史を持ち、高い技術で地域に貢献します。

消化器内科の治療内容

  • 上部内視鏡、下部内視鏡 (年間約6,000件)
  • 内視鏡的早期胃がんの摘出術
  • 内視鏡的下部消化管ポリープ(悪性含む)切除
  • 膵胆管造影
  • 内視鏡的胆管拡張・切開術
  • 胃ろう造設術・交換術
  • ピロリ菌除去治療

受付時間・担当医

医師紹介

氏名 役職 経歴 専門分野
塚平 俊久 副院長/病棟医長 1986年 金沢大学卒業 日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会教育関連病院指導医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
北原 明倫 1970年 北海道大学卒 日本医師会認定産業医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会認定専門医
県認知症相談医
関口 恭弘 病棟医長 1994年 東海大学卒業 日本消化器内視鏡学会所属
日本消化器病学会所属
小林 奈津子 医長 2010年 宮崎大学卒業 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医