小児科

小児科の役割

0歳児から18歳(高校生)までの診療を行っています。
1987年の開設以来、小児科外来は一般の診療に加え、アトピー・喘息・食物アレルギー・てんかん・肥満・便秘などの慢性疾患や心の相談などの予約診療も行ってい ます。
言語の遅れ、発達の遅れなども言語聴覚士等が対応し、月1回の専門医の診察も行っています。
月1回の子育て講座に加え、「子育て友の会」を発足し、300名近い会員とともに、小児の療養環境の改善を求める様々な活動を行っています。

小児科の治療内容

  • 外来を中心とした小児疾患の診断・治療
  • 喘息、アトピー、てんかん、食物アレルギー
  • 肺炎、川崎病、胃腸炎、腸重積
  • 子育て講座
  • 入院ベット3床を有し、二次救急までの対応が可能

受付時間・担当医

医師紹介

氏名 役職 経歴 専門分野
和田 浩 院長 1983年 新潟大学卒業 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医